残業代請求については、法律全般の情報サイトです

残業お疲れ様です

雇用形態に関わらず、仕事をしたことがある方なら、かならず経験があるのが残業ではないでしょうか。テレビなどでは、働くお父さんや女性が、残業でボロボロになる姿を子どものころからよく目にしてきました。幼いころから、残業って大変だなあという印象が強い方、いらっしゃったのではないでしょうか。
まずは、自らを含めて国内外で、現在残業をしている方や、したことがある方へ敬意を込めて「お疲れ様です」と唱えてみたいものです。普通の労働とは違って、残業と言うのはなぜ、こんなに重苦しいイメージがあるのでしょうか。まずは、辞書で残業の意味を調べてみたいと思います。それによると、残業というのは簡単に言えば、既定の勤務時間を過ぎてからも残って仕事すること、またはその仕事のことです。

残業に重苦しいイメージがあるのは、この「既定の勤務時間を過ぎて」と言うところでしょうね。普段の仕事が終わっても、残って業務を続けるから、「残業」というのかもしれません。一説には、昔は残業代やボーナスをもともと既定の給与の一部として、給与準備し、労働者も残業代を当てにして一戸建てを購入していたそうです。
そう考えると、残業代とボーナスというのは、一頃は同じように歓迎されるものであったのかもしれません。詳しくは、後程お話しますが、現在の残業と昔の残業というのは、少し違うのではないでしょうか。

残業代とは何でしょうか

さて、今回のテーマである「残業代請求について」ですが、いつの残業代かといえば、現代社会における残業について、ということになります。それを、浮き彫りにするためにまずは、歴史的に「残業と残業代の歴史」について、明らかにしていかなければなりません。大昔、文献に載っていないところも想像しながらも、主に文献に載っているところから明らかにします。
それから、現在残業代請求に関するニュースと顛末をお送りしておきたいと思います。過去をおさえ、そして現代どんな状況になっているのか、事実を羅列して整理しておきましょう。そういえば、ここ数年盛んにそういうニュースが出てきている気もしますが。

残業代の本質を知る

続いては、「残業代の本質を知る」ということで、残業代を様々な面から見直してみようと思います。冒頭でも申し上げた、重苦しい中にもある残業代のメリットとは何でしょうか。まずは、そこから着手してみたいと思います。それから、現在の残業代の問題は何なのかについて、お話していきます。

残業のない社会へ

そうして、最後はまとめとして、現代のテーマである「残業のない社会へ」というお話で締めくくりたいと思います。まずは、未払いの残業代を請求する方法を明らかにしながら、残業代を発生させないという現代のニーズをもとに、残業代を発生させない方法を考えていきたいと思います。